『フラノマルシェの奇跡』出版記念「仕掛け人が語る!フラノマルシェ誕生秘話」

西本伸顕(ふらのまちづくり㈱)×加藤英里(北海道じゃらん)

 2010年の開業以来、3年間で200万人を呼び込み、今や富良野観光の定番スポットとなった「フラノマルシェ」。その成功の陰には、衰退する一方だった富良野の中心市街地に危機感を募らせていた「商店街オヤジ」たちの存在がありました。
フラノマルシェの仕掛け人のお一人で、この度『フラノマルシェの奇跡』を出版されたふらのまちづくり株式会社社長の西本伸顕さんと、北海道じゃらんの加藤英里さんに、フラノマルシェ誕生の舞台裏とその魅力について、たっぷりお話しいただきます。

◎概要

【日時】2013年8月25日(日)15時00分~16時30分頃
【場所】紀伊國屋書店札幌本店1Fインナーガーデン
    JR札幌駅そば/札幌市中央区北5条西5-7 sapporo55/電話011-231-2131
【定員】100名(先着順)
【会費】無料
主催/紀伊國屋書店札幌本店 共催/学芸出版社

◎出演者プロフィール

西本伸顕(にしもと のぶあき)
1952年富良野市生まれ、富良野在住。札幌旭丘高校出身。早稲田大学卒業後、株式会社リクルート勤務を経て家業の青果卸会社・株式会社北印へUターン。現在、株式会社北印代表取締役社長。ふらのまちづくり株式会社代表取締役社長。ふらの演劇工房・富良野塾・インターネット富良野・ラジオふらのなど、富良野のまちづくりに深く関わる。著書に『富良野笑市民ライフ』(フォレスト出版、2004年、ペンネーム:伏田良)、『笑説 これが北海道弁だべさ』(北海道新聞社、2010年)。
加藤英里(かとう えり)
1983年札幌生まれ、札幌在住。北海道大学教育学部卒業後、㈱リクルート北海道じゃらん入社。入社後一貫して地域振興業務を担当。得意分野は「食」で、南富良野町の「南富良野エゾカツカレー」や秩父別町の「ちっぷべつ緑のナポリタン」などの新・ご当地グルメ立ち上げサポートの他、2008年に札幌市で始まった「さっぽろオータムフェスト」立ち上げにも関わる。新・ご当地グルメの全国組織「食による観光まちづくり推進協議会(通称:S-1パートナーズ)」の活動にも携っている。

※このイベントは終了しました。

◎関連書籍

フラノマルシェの奇跡 小さな街に200万人を呼び込んだ商店街オヤジたち

西本伸顕 著
四六判・216頁・本体1600円+税



2014 © Gakugei Shuppan-Sha.